上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今年は年賀状の本来の意味を痛感した。
大抵の年賀状は、賀詞があって、ちょっとしたイラストがあって、「元気?」のコメントがある程度で、年賀状が普及した理由の一つでもある、近況を知ることも少ない。

写真だとまだ子供は大きくなったとか、お互い老けたなんて思えたりする。

絶対再婚しないと言ってた友人の苗字が変わっててウェディングドレスを着た写真を見てもピンとこなかった。

もう一つは、今こうしてトールの教室をすることになるきっかけを作ってくれた生徒さんが亡くなって、ご主人からの喪中はがきが送られてきたこと。
体調がすぐれないのでしばらく休みますと言われたのが、約一年前。そろそろ復活できるかと思い、春に連絡を取ると入院していたと聞かされて、驚きはしたけれど病名は聞かず、夏に暑中見舞いがわりに電話をしたのが最後になってしまった。
しばらく事態が飲み込めず、消化不良で一日が終わって、今頃になっていろんな想いが出てきている。

なんか、まとまんないわ。…寝ます。
スポンサーサイト

2007.01.04 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://attari.blog28.fc2.com/tb.php/43-afbc496f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。